あれ?前の広告は?と思ったらこちらをクリックしてみて下さい。

AIC Station
女神候補生
2000/08

Direct Jump

AIC Station-TOP
アニメーション
自動車
コンピュータ
携帯電話
オーディオ&ビデオ
イベントレポート
人気投票
芦屋市情報

広告

広告は別ページに移動しました

(C) 杉崎ゆきる・ワニブックス/バイダイビジュアル・女神候補生製作委員会


 GUM Comicsに連載されていた(る?)女神候補生がアニメ化されたもので、NHK-BS2の衛星アニメ劇場という番組で、2000/01/10〜3/27まで放映されました。
 オープニングから誰が見てもCGだと思わせるカットで始まる非常に印象的な作品で、その後のカットにおいても、主人公ゼロ・エンナ(上の画像の左側)が廊下を走り、キズナ・トゥリーク(上の画像の右側)とタッチがする部分など、走っていくシーンでは廊下の右側を走っているのに、タッチするシーンは何故かキズナの左側をすり抜けながら右手でタッチする等、非常に違和感のあるオープニングで始まるこの作品だが、キズナとの信頼関係・同じEXと呼ばれる特殊能力を持つヒィード・グナーに対するライバル意識・無重力恐怖症・人類に残された最後の惑星[ZION]を狙うヴィクティムとそのヴィクティムからZIONを守る女神とそのパイロット達の心模様などを描くとても深みの有る作品で、多少の問題点など、あまり気にならない出来となっています。

 基本的には、女神と呼ばれるイングリッドとヴィクティム、そしてその戦闘シーン等はCGで描かれている様で非常に違和感は有るが、慣れればその違和感は忘れてしまい物語に引き込まれてしまいます。少なくとも、「ロストユニバース」よりは余程出来が良いと思います。

 ところが、何故か12話で放送が終了してしまいました。

 オープニングでは、どうみてもゼロらが女神パイロットになってからのシーンが出てくるにも関わらず、実際の放送では女神パイロットにすらなっていないのです。つまり、本編は女神候補生の部分だが、オープニングは候補生を卒業して本パイロットになっているものが使われている様にすら受け取れるのです。

 随分変わった構成だなぁ!と思っていましたが、先日発売されたDVDのVol.4のライナーノーツを読んで納得しました。なんと、最初は26話構成で書かれたものが、諸般の事情で12話で終了してしまったという事。
 やはり、中途半端な状態で終わったのですね。
 諸般の事情というのがどういう事情なのか良く解りませんが、非常に残念です。是非とも早い時期にOVA版としてでも良いですから続きをリリースして頂きたいと思いました。

 ちなみに、私はキズナ・トゥーリークが一番のお気に入りです。

 なお、現在コミックは4巻まで、DVDは4巻まで(最終巻)、VCも4巻(7/8話)がリリースされています。BSを見ていなかった方は一度レンタルでも良いですからまずは1巻を借りてみてはいかがでしょうか?

 以下にサブタイトルを記載しておきます。
話数
放送日
サブタイトル
第1話
2000.01.10
CURRICULUM 00

〜接続〜

第2話
2000.01.17
CURRICULUM 01

〜同調〜

第3話
2000.01.24
CURRICULUM 02

〜EX〜

第4話
2000.01.31
CURRICULUM 03

〜自覚〜

第5話
2000.02.07
CURRICULUM 04

〜パートナー〜

第6話
2000.02.14
CURRICULUM 05

〜コンビネーション〜

第7話
2000.02.21
CURRICULUM 06

〜PRO-ING〜

第8話
2000.02.28
CURRICULUM 07

〜陸戦〜

第9話
2000.03.06
CURRICULUM 08

〜死〜

第10話
2000.03.13
CURRICULUM 09

〜夢〜

第11話
2000.03.20
CURRICULUM 10

〜妬み〜

第12話
2000.03.27
CURRICULUM 11

〜漂流〜

最後に、キャラクター人気投票をやっていますので、興味の有る方は是非ご参加下さい。但し、教官等はまだ入っていませんのであしからず。(笑)[人気投票ページにジャンプ]

過去の一本

−2008年−

No.99 さよなら絶望先生 No.100 攻殻機動隊

No.101 らき☆すた No.102 オーバン・スターレーサーズ

No.103 狼と香辛料 No.104 蟲師

No.105 紅 No.106 吉永さん家のガーゴイル

No.107 星方天使エンジェルリンクス No.108 夏目有人帳

No.109 カイバ No.110 RD潜脳調査室

−2009年−

No.111 かんなぎ No.112 ウェルベールの物語

No.113 のだめカンタービレ巴里編 No.114 続・夏目友人帳

No.115 とらドラ

過去の一本を全て見る。