Debian on IBM ThinkPad365X
第2章:PCカードが使える様になるまで

第3版 1998.02.11 更新


● ● ● 最初の障害 ● ● ●
 普通だと、再起動すると自動的に dselect が走る筈なのだが、何故か Loading linux.... のところでハングアップしてしまった。

 インターネット上のいろいろなドキュメントやメーリングリストなどを調べてみたところ、これはどうもThinkPadに良くある現象の様で、これ以外の機種でも発生する場合がありその場合は「tecra下のresc1440.binとdev1440.binを使うと良い」という回答が得られた。

tecra用のresc/devを使って再インストール

 tecra用のresc/devは同じCDのresc1440.binと同じディレクトリにtecraというディレクトリがあり、この中に入っているのでこのtecra下のresc1440.binとdrv1440.binをC:のdebianディレクトリにコピーして再度インストールを試みる。

無事起動が出来る様になった。

スーパーユーザーのパスワード設定

 最初に起動したときにはrootのパスワードを要求してきます。そこで、5文字から8文字までの大文字小文字混在の英数文字でパスワードを入力します。
 今回は'gts-t4'と入力しました。この様に英字+数字+記号の組み合わせだと辞書によるクラックや関連ワードなどからのヒットから免れやすいです。ちなみに、このパスワードの根拠は、'gts-t'は私が乗っている車のグレードで、'4'は読みの'よん'から全体でよむと'じーてぃーえす・てぃーよん'となるわけです。(但し、これはあくまで例ね。(^.^;;

新規ユーザーの定義

 一般的にUNIX上での作業の殆どは一般ユーザーで行う事が勧められています。これは、Debianでも同じで、スーパーユーザーとは別にもう一人は必ず登録する必要があるわけです。そこで、Enter a username for your account: というプロンプトで、新規ユーザーの登録を促しているわけです。

 まず、アカウント名の入力があり、次にパスワードの入力が行われます。その後はFull NameやRoom Numer/Work Phone/Home Phone/Otherの入力に入りますが、Full Name以外は特に入力する必要は無いでしょう。今回は、ユーザー名'hidaka'でパスワードはスーパーユーザーと同じにしました。

シャドウパスワードのインストール

 一般ユーザーの入力が終わるとshadow passwordsをインストールするか聞いてくるので、"y"を入力します。
● ● ● 2番目の障害 ● ● ●
 シャドウパスワードの入力が終わるとdselectというパッケージのインストールに入るのですが、このTP365XのシステムはまだCDを認識していません。それどころかpcカードすら認識していないのです。

pcmciaパッケージのインストール

 そこで、一旦マシンを再起動させてWindows95上からCD-ROM内を調べたところ、debian¥bo¥binary-i¥admin¥の中にpcmcia-c.deb,pcmcia-m.000,pcmcia-m.debというファイルが入っていた。多分、これをdpkgコマンドでインストールすれば使えるのではないか?と思い、これらのファイルをC:ドライブにコピーしてから再度Debianを起動した後、rootでログインを行いhda1をマウントする事にした。
debian# mount -t msdos /dev/hda1 /mnt
debian# cd /mnt/debian

そして、dpkg -A オプションでパッケージの内容を確認してみたところ、

pcmcia-c.deb

pcmcia-cs

pcmcia-m.000

pcmcia-modules-2.0.29

pcmcia-m.deb

pcmcia-modules-2.0.30

となっており、pcmcia-c.debとpcmcia-m.000を用いれば良いと思われた。

そこで、

debian# dpkg -i pcmcia-c.deb

としたところ、

Unpacking pcmcia-cs (from pcmcia-c.deb) ...
dpkg: dependency problems prevent configuration of pcmcia-cs:
pcmcia-cs depends on libc5 (>= 5.4.0-0); however:
Package libc5 is not installed.
dpkg: error provessing pcmcia-cs (--install):
dependency problems - leaving unconfigured
Erroors were endountered while processing:
pcmcia-cs

 というエラーが出てインストール出来なかった。これは何を意味しているかというとlibc5がインストールされていないという意味だったので、再度 Windows95を起動させてからdebian¥bo¥binary-i¥base¥の中にあるlibc5_5_.debをdebianディレクトリにコピーした後debianを再起動させてインストールすることにした。

 この CD に格納されているlibcは5.4.33-3というバージョンの様だった。

 libc5_5_.debのインストールが終わったら、再度pmccia-c.debをインストールし、その後pcmcia-m.000をインストールすることにした。ところが、このpcmcia-m.000はpcmcia-csの2.9.5-2を要求しており、このpcmcia-c.debは2.9.5-3なので正しくインストール出来なかった。では、pcmcia-m.debはどうか?というと2.9.5-3を要求している様なので、こちらを採用することにした。

pcmciaモジュールの不具合

 せっかく、インストールを行ったのに、再起動で
Starting PCMCIA services: modules/lib/modules/2.0.29/pcmcia/pcmcia_core.o: /lib/modules/2.0.29/pcmcia/pcmcia_core.o: No such file or directory

 といういうメッセージが出てきてcardmgrも正しく起動しなかった。

 どうもこのCDに入っているpcmcia-csとpcmcia-modulesとカーネルバージョンは上手く合わない様だ。

 仕方がないので、2.0.30内の*.oを2.0.29にシンボリックリンクを張ってみたが、再起動では今度はカーネルバージョンが合っていないというメッセージが出て正しく起動しなかった。

 で、またインターネット上の情報をいろいろ調べてみたところ、pcmcia-cs(2.9.6-2)とpcmcia-modules-biblonc1.0(2.9.6-2)の組み合わせだと上手くいくという情報が有ったので、これをインストールしてみる。

 まず、pcm-cb.deb(pcmcia-cs)を"dpkg -i pcm-cb.deb"でインストールすると、/etc/pcmcia/network.optsを修正するか?という問いが出てくるので、[default=N] ? に対しそのままデフォルトを採用する。次にpcm-mb.deb(pcmcia-modules-biblonc1.0)をインストールしてから"reboot"を入力して一度再起動を行う。

 すると再起動時にメッセージが幾つか出てくる途中で何回かピッと音が出てカードが正しく認識されたことが判る。ちなみに認識に失敗すると"ブー"と鳴る。

 早速、pcmciaから繋がっているCDをマウントしてみよう。

 debian# mount /cdrom

 これで、/cdromにcd-romがマウントされたので、後はcdコマンドでディレクトリを移ったりファイルを見たりできる筈だ。

まとめてみると

標準とは違う操作として、下記の内容を余計に行う必要があった。

  1. 起動フロッピー作成後の再起動時にハングアップする
    標準のresc1440.binとdrv1440.binでは起動時にハングアップする場合があるので、tecra下にあるresc1440.binとdrv1440.binを使用する。
     
  2. pcmciaが使用出来ない
    CDに入っているpcmcia-cs/pcmcia-modulesはバージョンがカーネルとは合っていないので、こちらのpcmcia-csとpcmcia-modulesを使用する。その際、libc5_5_.debを事前にインストールする必要がある。

と言うことでまとめてみると、

  1. レスキューディスク (resc1440.bin) は標準のものではなく、tecra版を採用
  2. libc5($CD/debian¥bo¥binary-i¥base¥libc5_5_.deb)をインストール
  3. pcmcia-csはこのパッケージを使用する。
  4. pcmcia-modulesもこのパッケージを使用する。

の細工が必要でした。


第1章に戻る

Indexに戻る

第3章に続く


Copyright(c) 1997,1998 loose All rights reserved.

もし間違いを見つけられましたらお手数ですが、メールでお知らせ頂ければ幸いです。

第3版 1998.02.11 更新(dpkg -iのコマンドラインを追加)
第2版 1998.02.01 更新
第1版 1997.11.16 初公開