AIC Station

[TOP] [アニメ] [自動車] [コンピュータ] [携帯電話] [ビデオ] [イベントレポート] [コラム] [芦屋市情報]
スペシャル:[
今月の一本] [ジブリの世界] [オデッセイ] [当サイトについて] [画像と文] [個人情報] [日記]


[PR] 「ゲーム&キャラクタグッズ専門ページ」スタート!(ソフトバンクパブリッシング)

■新着情報■
ブレーキの交換
CarStation TOP
試乗レポート
シビックType-Rの追加
展示場レポート
コラム
ホンダMDX発進
ホンダの謎
マルチマチック・・
アーシング
アーシングの基礎から実際までをまとめました
リンク集
オデッセイのページ
「アーシング」他追加
プロフィール

■PR

お暇でしたら是非お立ち寄り下さい。

お薦めの商品を紹介しています。

オンライン査定実施中!あなたのクルマは今、幾ら?(株式会社ガリバーインターナショナル)

保険スクエアbang!/自動車保険15社[無料]一括見積もり依頼

保険スクエアbang!/生命保険13社[無料]パンフレット一括請求

今や新車もネットで無料新車見積りの時代。しかも競合車種まで同時見積りOK!!


ホンダ Fit 1.5T(LA-GD3) 試乗レポート


試乗車
◆ホンダ Fit (LA-GD5)
◆グレード:1.5T
◆エンジン:1.5 DOHC
◆駆動方式:2WD(FF)

◆走行距離:4352km〜4364km

試乗日
◆2003.01.25
◆天候:曇り
◆試乗距離:約12km
参考URL

メーカーURLプレスリリース

はじめに
 今日、ちょっと時間が有ったので行きつけのホンダディーラーに寄って Fit ARIA と Fit 1.5T に試乗してきましたので、早速レポートを書いてみたいと思います。(Fit ARIAのレポートはこちら

 それでは、Fit 1.5T のレポートをば。

 この車は2002年9月12日に追加されたグレードで、新開発「1.5L VTECエンジン」と、ステアリングに配したスイッチで7速のシフトチェンジを可能にする、新開発「ホンダマルチマチックS+7スピードモード」を搭載し、サスペンションセッティングの最適化などが施されたモデルです。
 では、早速レポートに入りましょう。
乗り込んでみて
 乗り込んでみて感じるのは、黒一色で統一されたスポーティームードのインテリア、そして3眼メーターとシフトスイッチ。まるで、2シータースポーツの雰囲気です。
 エンジンを掛けると、見た目より大人しい排気音でアイドリングを始めました。先に、乗ったARIAとはえらい違いでした。個人的には、あのARIAの排気音こそ、このFit 1.5Tに採用すればよかったのに・・・って思った程でした。
走り始めて
 センターコンソールのシフトレバーをDに動かし軽くアクセルを踏むと、静かにスピードを上げていく感じはARIAと殆ど同じです。ただ、パワーが全然違います。ホンダの最近のヒット作であるVTECを採用したこの1.5リッターエンジンは4,000回転あたりからトルクに乗り、6,500回転までストレス無く吹き上がっていきます。そのレスポンスがとても良く、本当にこのVTECエンジンは素晴らしいですね。騒音もそれなりに出ますが、それが耳障りな音では無いのでストレスなく回せる訳です。 マニュアルシフトとあいまって、きっと峠道などでも楽しいドライビングが出来ると思います。
サスペンション
 以前の1.3リッターFitに比べて、しなやかさが増した様な印象を受け、フワフワする訳では無いのですが、段差を乗り越えた場合など、サスペンションがしっかり衝撃を吸収している感じでした。(どうしても同日に乗ったFit ARIAと比べてしまうのですが、ARIAではゴツゴツガクガクしていた路面でも振動少なく静かに通過する事が出来ました)
ステアリング
 この1.5Tのパワーステアリングは、先に乗ったFit ARIAとは全く違った感触だったので、少々驚いてしまった。Fit ARIAは復帰力が非常に弱く、とても馴染みにくい特性だったのですが、この1.5Tは戻ろう戻ろうという力が常に働き、非常に操作し易いものでした。そして、タイヤのグリップ力がダイレクトにステアリングに伝わってきて、まるでタイプRに乗っているかの様な錯覚に陥ってしまいました。その為、7速シーケンシャルタイプのシフトと相まってとても気持ちよいドライブフィールを得る事が出来ました。
ブレーキ
 以前のFit(1.3)でも感じたのですが、ブレーキアシストのせいか若干ブレーキタッチに違和感があり、踏み始めが少し甘い感じを受けました。ただ、踏むとしっかり止まってくれるし、少し強めに踏むとABSが効くほどなので踏力の弱い女性でも安全に止まる事が出来るでしょう。
その他
 この1.5Tにはマニュアルシフトモードを持った7速タイプのホンダマルチマチックシフトを搭載していますが、そのシフト感覚はFitARIAと同等という感じを受けました。セダンと同じだからといっても全く不満は無く、即座にシフトダウンが出来ますので、十分スポーティーに走る事が出来るでしょう。 
総合評価
 ホンの少ししか乗っておらず、この状態で総合評価を出すのはかなり苦しいが、あえて評価を出すなら、90点って所だろうか?減点ポイントは次の様な点だ。
 まずは、インテリアの照明が赤色である事が(−5点)ですね。あと、細かい事ですが、7スピードのステアリングスイッチの操作性が(−5点)です。
 どちらも個人的な好みによる評価に近い為、一般的な評価で言えば殆ど文句の付けようが無いかも知れません。それほど、良く出来た車だと思いました。なるほど、こんな良い車ならカローラを抜いて販売台数1位獲得もまんざらでは無いな?なんて思ってしまいました。多分、トヨタはフィット対策に大々的な販売戦略を打ち出し、また1位に復活するとは思いますが。

Last Update : 2003.02.02
当サイトに掲載されている文章・写真・図面等の無断転載はご遠慮願います。
Copyright(c) 2001-2003 Ashiya Internet Club

≪ 本ページに対するご意見・ご希望は loose@aic.gr.jp まで ≫
amazonならきっと欲しいものが見つかります。今なら1500円以上のお買い物で送料無料!!

Counter

[TOP] [アニメ] [自動車] [コンピュータ] [携帯電話] [ビデオ] [イベントレポート] [コラム] [芦屋市情報]
スペシャル:[
今月の一本] [ジブリの世界] [オデッセイ] [当サイトについて] [画像と文] [個人情報] [日記]