AIC Station

[TOP] [アニメ] [自動車] [コンピュータ] [携帯電話] [ビデオ] [イベントレポート] [コラム] [芦屋市情報]
スペシャル:[
今月の一本] [ジブリの世界] [オデッセイ] [当サイトについて] [画像と文] [個人情報] [日記]

[PR] 「ゲーム&キャラクタグッズ専門ページ」スタート!(ソフトバンクパブリッシング)

■新着情報■
ブレーキの交換
CarStation TOP
試乗レポート
シビックType-Rの追加
展示場レポート
コラム
ホンダMDX発進
ホンダの謎
マルチマチック・・
アーシング
アーシングの基礎から実際までをまとめました
リンク集
オデッセイのページ
「アーシング」他追加
プロフィール

■PR

お暇でしたら是非お立ち寄り下さい。

お薦めの商品を紹介しています。

オンライン査定実施中!あなたのクルマは今、幾ら?(株式会社ガリバーインターナショナル)

保険スクエアbang!/自動車保険15社[無料]一括見積もり依頼

保険スクエアbang!/生命保険13社[無料]パンフレット一括請求

今や新車もネットで無料新車見積りの時代。しかも競合車種まで同時見積りOK!!

cap00.jpg

ニッサン
キャラバン/ホーミー
エルグランド
誕生


5月19日発売開始されるエルグランドに関してセールスビデオを入手しましたので、貴方だけに内緒でお伝えしちゃいましょう...

cap01.jpg

エルグランドはニッサンでは初のウォークスルーが出来るミニバン(ニッサンではセミキャブと呼ぶらしい)として登場します。今やミニバンの世界ではフラットフロアで無い機種は古いモデルとして見なされている事を考えると「やっと出てきた」って感じですね。(マツダさんもがんばってね)
ビデオではスペック等は紹介されていませんでしたが、雑誌等の情報(Driver 5/20号)によりますと、

エルグランド

グランビア

全長

4740

4715

全幅

1775

1800

全高

1940

1955

ホイールベース

2900

2985

というようにトヨタのグランビアと真っ向からぶつかる大型サイズでの登場です。

しかし、グランビアに比べて非常に迫力ある面がまえをしているので、デザイン的な面でちょっと好みが分かれてしまうかもしれませんね。

cap02.jpg

価格的にも雑誌によるとかなり高額になるもよう...(;_;)
しかし、最近のニッサンのインテリアデザインは余り良くなく特に高級感を出すのが下手なような気がしてならない。実物を見ていないのでなんとも言えないが、ビデオの映像を見る限りトヨタのノアにも負けている様にも思われるのだがそれがビデオのせいであって欲しいと思うのは私だけではあるまい。特にセンターコンソール部分なんてトヨタのエスティマの様な意匠だが、今どきエスティマの真似をしてどうすんの?と思ってしまった。しかし、確かにこの方が容易に手が届き且つ解放感も味わえるわけで悪くはない。が、ウッド調の枠はなんとかならなかったものか?
どうも最近やけにウッド調のパネルを貼るのが流行っている(事実私もきちんとしたウッドパネルは高級感があり好きではある)が、最近のは殆どウッド調というもので質感はあまり良くない。というかかえってプラスチック的ですらあるのがどうにも許せない。その点やはりローバーやメルセデスのウッドの使い方はうまいですね。同じドイツでもオペルになると「ちょっと違うぞ!」って感じになりますけど...

cap03.jpg

と、けなしてばかりではいけないので、ちょっとだけ褒めちゃうのがこの『電動ポップアップ式モニター』。
最近はNAVIを付けるのがなかば常識化になりつつあるわけで、その為に各メーカーともモニター部をどこに配置するかを設計段階から検討している場合もあり、このエルグランドも多分そのへんの設計が間にあったのだろう。(ダッシュボードの中というのは空調関係のダクトが入っているため設計後期では変更出来ないためにレジアスの様になってしまうケースもあると思われる)
左の様にダッシュボードの上部に必要な時にポップアップするタイプのモニターがセットされている。これだと交差点案内の地図を見る為の視線移動も少なくてよいだろう。最近のトヨタ車ではスパシオが同様にダッシュボード上部に配置されており、外車ではボルボが同様にダッシュボード上にポップアップするものを設置している。携帯電話で一時(いちじ)わき見事故の問題が世間を騒がしたがそのうち「NAVIの地図を覗いていて事故る」なんてのが多くなってくる様な気配もちらほら...
(しかし、一番新しい筈のレジアスのレイアウトはNAVIを搭載するという点から考えると何でオーディオ部を下に、エアコン部を上に配置したのかとても疑問ですね。「何考えてんだ?」って思っちゃいましたよ)

cap04.jpg

cap05.jpg

面白かったのはこのリモコン。これで、後部座席用のモニターの制御や温度の制御はもちろん、サンルーフの制御まで出来ちゃうのですねぇ。便利になったもんだ。ただ、ちょっと残念なのがオープンは『オートオープン』ボタンで全開できちゃうのに、全閉するためには赤で囲まれた2つのボタンを同時に押す必要があるのですねぇ。説明では、安全の為との事ですが、それじゃぁパワーウインドウのセーフティー機構の様にある程度以上負荷がかかると開く様にすればそんな面倒なことしなくて良いじゃないか!と思ってしまいました。
そもそも、なんでそんな心配をするのか?それはサンルーフから手や顔を出す人が居ているからなんでしょう。今の様に暖かくなると街を走っていて時々見受けられるのが、子供をセカンドシートに立たせてサンルーフから顔や上半身を出したまま走らせている奴。多分、運転している人はその危険性を知らないのでしょう。自分の子供が本当に可愛くてその危険性を知っているなら普通の親は子供を失うかもしれない様な事をしませんよね。普通...
そういえば、助手席に子供を抱いて乗っているお母さんが今だに見受けられますが、自分の子供をエアバック代わりにしてどうするんでしょう?まさか自分の手で支えられると思っているのでしょうか?また、たまにですが、運転している人の胸の前に子供を座らせてハンドルを握っているお父さんも見受けられますが、もしとっさに回避行動をしようと思った時どうなるのか考えられないのでしょうか???(信じられないです)

cap06.jpg

あれ?いつのまにかまた文句になってしまった。では、こんどこそ本当に褒めたいのがこれ。
買い物のビニールを引っかけておくフックなのですが、これは本当に便利だと思います。しかも、アクティブセーフティーでもありますね。
何故って? 例えば、スーパーに買い物に行ってじゃがいもや玉葱を買ったとします。あっ、丸いものなら何でも良いですけどね。で、それを助手席や後部座席にポンと置いたとしますね。で、曲がりくねった道とかアップダウンの道を走ったとします。すると袋が床に落ちたり、中味だけ飛び出したりする場合もありますよね。で、床に落ちた玉葱がフラットフロアの床を転げ回っている内にドライバーの足元に...で、そのときわき道から人が飛び出して来たので、ブレーキを踏みつけようとした時、ブレーキペダルと床の間に玉葱が入って...想像しただけで怖いでしょう?だから、そうならない為のフックと考えれば積極的に危険から回避するという意味でアクティブセーフティーになるんですねぇ...うーん、これは良い。
(え?こんな車でそんな玉葱が転げ回る様な走り方しないって?おっかしいなぁ...私なら絶対する筈なのに...)

cap07.jpg

これまたニッサンインテリアデザインのブザマさを見せつけるのが、このヘッドレスト。別にフラットシートにしなければ構わないのだが、フラットシートにする時はこの様にいちいちヘッドレストを外さなければならない。私自身フラットシートの必要性をあまり感じていないのだが、それでももしかしたらロングドライブの時に疲れてSA等で横になる場合もあるかも知れないのでちょっとだけ気にしていたが、今だにこんなふうにヘッドレストを外さないとフラットシートに出来ないなんてちょっと進歩が無いのでは?と思ってしまいます。もう少し工夫して例えばシートを凹型にしてヘッドレストをその中に収めるとか出来ないのでしょうか?でないとこのヘッドレストがまた邪魔になってしまいますからねぇ...

cap08.jpg

サードシートはこの様にはね上げ式。勿論、スライドも出来ます。が取り外しは...どうなんでしょう?もし、取り外せるならとりはずしちゃった方が幅的には有利ですからねぇ...

cap09.jpg

動力性能の比較ではライバル車と0-30mでの比較をして発進加速時のレスポンスの優位性を述べていました。けど、それ以降はどうなんでしょう?

cap10.jpg

この絵だけ見るとやはりトヨタとのレベルの違いを感じてしまいます。ハンドルにしても皮巻ではなさそうだし、メーター回りもなんか貧弱。全然、高級感が無いですね。まさかこれが最上級モデルではないとは思いますが...実物を見てみないと判りませんけどね...

cap11.jpg

オールモード4x4の優位性を氷上でライバル車(トヨタグランビア4WD)と比べていました。オールモード4x4は基本的にはFRで走行し、リアが滑り出すとそれを補う様にフロントに駆動がかかるため、アンダーステアが出にくい為トレース性能も良好との事。それに比べてグランビアの4WDは常に4輪に駆動が掛かっている為、アンダーステアが出て大回りになってしまうとの事。
しかし、今の日本で4WDが本当に必要なユーザーってどれほど居るのだろうか?4WDにすると車重が増えて燃費が悪くなり最小回転半径も大きくなり小回りがきかなくなる。しかも、重量によっては重量税すら上がってしまう、と一般ユーザーにとってはデメリットの方が多いと思うのだが...

cap12.jpg

と、今まで殆ど文句に近い形の紹介になってしまいましたが、本当の所は実物を見てみないと判らないので、5月15日を楽しみにしていましょう。

なお、本ページのイメージは全てNBCのビデオより勝手にキャプチャリングさせて戴きました。


Last Update : 1997.05.01

当サイトに掲載されている文章・写真・図面等の無断転載はご遠慮願います。
Copyright(c) 1997-2002 Ashiya Internet Club

≪ 本ページに対するご意見・ご希望は loose@aic.gr.jp まで ≫
amazonならきっと欲しいものが見つかります。今なら1500円以上のお買い物で送料無料!!
Counter

[TOP] [アニメ] [自動車] [コンピュータ] [携帯電話] [ビデオ] [イベントレポート] [コラム] [芦屋市情報]
スペシャル:[
今月の一本] [ジブリの世界] [オデッセイ] [当サイトについて] [画像と文] [個人情報] [日記]