AIC Station

[TOP] [アニメ] [自動車] [コンピュータ] [携帯電話] [ビデオ] [イベントレポート] [コラム] [芦屋市情報]
スペシャル:[
今月の一本] [ジブリの世界] [オデッセイ] [当サイトについて] [画像と文] [個人情報] [日記]


[PR] 「ゲーム&キャラクタグッズ専門ページ」スタート!(ソフトバンクパブリッシング)

■新着情報■
ブレーキの交換
CarStation TOP
試乗レポート
シビックType-Rの追加
展示場レポート
コラム
ホンダMDX発進
ホンダの謎
マルチマチック・・
アーシング
アーシングの基礎から実際までをまとめました
リンク集
オデッセイのページ
「アーシング」他追加
プロフィール

■PR

お暇でしたら是非お立ち寄り下さい。

お薦めの商品を紹介しています。

オンライン査定実施中!あなたのクルマは今、幾ら?(株式会社ガリバーインターナショナル)

保険スクエアbang!/自動車保険15社[無料]一括見積もり依頼

保険スクエアbang!/生命保険13社[無料]パンフレット一括請求

今や新車もネットで無料新車見積りの時代。しかも競合車種まで同時見積りOK!!


ホンダ INTEGRA  TPYE-R(ABA-DC5) 試乗レポート


試乗車
◆ホンダ INTEGRA TYPE-R (ABA-DC5)
◆グレード:Tytpe-R
◆エンジン:2.0 DOHC i-VTEC
◆駆動方式:2WD(FF)

◆走行距離:77km〜81km

試乗日
◆2004.09.19
◆天候:曇り
◆試乗距離:約4km
参考URL

メー カーURLプレスリリース

はじめに
 今日、久々にディーラの営業マンから電話が有り、試乗車が来ているので遊びに来ない?という電話が有ったので、早 速行ってきました。今回はちょっと時間が無かったので短時間の試乗しか出来なかったのですが、感じたまま書いてみようと思います。
 INTEGRA Type-Rは1995年にINTEGRAをベースに高性能エンジンを搭載し新しいグレードとして登場した車です。そして、この車は2004年9月17日 にマイナーチェンジを受けた最新モデルです。
 では、早速レポートに入りましょう。
乗り込んでみて
 乗り込んでみて感じるのは、レカロ製のサポートの良いシートと握りごこちの良さでした。普段乗っている車がオデッ セイなので、尚更その違いが大きく感じました。ヒップポイントが低く、シートに潜り込んで座る感じなのは、きっとヘルメットを被っても頭に当たらない為な のでしょう。
 視線を落とすと、8500rpmからのレッドゾーンを示すタコメータを含む4連メータがType-Rである事を主張しています。
 エンジンを掛けると、低音の響く心地よいサウンドでアイドリングを始めました。しかし、若干アイドリングが高く不規則な振動が若干感じられるのは、高性 能エンジンだからなのかも知れません。ただ、この手の車でこの振動が気になる人は居ないでしょう。
走り始めて
 さして重く無いクラッチを踏み、シフトレバーを1速にシフトし、ゆっくりクラッチを緩め、クラッチがミートし始め た所で、軽くアクセルを踏み始めると、何の違和感もなく車体が動き始めました。市販車のエンジンとしては、かなり高回転型のエンジンではあるけど、かと 言って低回転のトルクが全く無い訳では無いので、発進に気を使う事は全く不要でした。ちなみに、前モデルでも同様でした。
 1速から2速、そして3速とシフトアップして行く際も、短いショートストロークシフトレバーで小気味良く操作出来るのは本当に気持ち良いものです。
 しかし、この車の魅力はやはり9000rpm近くまで回るエンジンでしょう。
 アクセスを踏み込むと2500rpm辺りから十分トルクを発揮し、シートバックに背中を押し付けられる感じがなんと8500rpmまで続くのですから、 これはもう快感です。
 さすがに、街中ではこのパワーを使い切るシチュエーションはあまり無く、持て余しぎみなのが、とても残念ですね。
サスペンション
 前モデル(LA-DC5)に比べて格段に変化したのがこ のサスペンションでした。前モデルは堅いだけだったのですが、今度のモデルはそれにしなやかさが兼ね備わった感じなのです。前モデルと同じ 215/45ZR17のタイヤを履いているにも関わらず、段差や不整地での衝撃が少なくサスペンションがスムーズに動き、うまく吸収している感じを受けま した。多分、同乗者への負担はかなり減るのでは無いでしょうか?
 しかし、かといってコーナリング時のロールはそれ程気にはならず、しっかり踏んばっているので、ストローク速度が速い領域でのダンピング抵抗を落とした のでは無いでしょうか?
ステアリング
 momo製の小径で太めのグリップを持つステアリングホイールから伝わって来る路面の印象はとてもリアルで、重さ も適度に重くとても操作感の良いものでした。 あるコーナーで少し速めに進入したのですが、全くアンダーが出ず、その後ステアリングを切ったままアクセル を踏むと若干アンダーは出たものの思った様にラインをトレースする事が出来ました。
 多分、サスペンションが若干見直された事による効果なのでしょう。
 しかし、高速域や切り替えし域のコントロール性に関しては、それを確認する場所が無かったので、判りませんでした。やはり、この車のポテンシャルは峠道 やサーキットでないと発揮出来ないでしょうね。
ブレーキ
 ブレンボ製4ポットキャリパーにφ300mmの大径ベンチレーテッドディスクを持つこの車のブレーキを試す場所 は、やはり峠道かサーキットしか無いでしょう。しかし、使用しているパッドは高速用(高温用)では無いため、街中での使用でも全く問題ない制動力とタッチ をもたらしてくれています。
 ただ、好みとしてはもう少しストロークを減らして欲しいですね。ブレーキパイプを交換すると少し改善されるかも知れませんが…
その他
 この車で気になるのはやはり、赤色照明のメータでしょうか?どうもスポーティー=赤色メータという風潮が有る様で すが、赤色って結構視認性は良く無いんですよね。確かに目には入りたいけど、分解能があまり良く無いんです。せめて白色と赤色の切り替え式にして欲しいも のです。
総合評価
 ホンの少し街中でしか乗っておらず、この状態で総合評価を出すのはこの車にはかなり酷ですが、あえて評価を出すな ら、70点って所でしょうか?減点ポイントは次の様になりました。
 まずは、インテリアの照明が赤色である事が(−5点)ですね。それから2ドアクーペである事が(−20点)です。この2ドアクーペの減点に関しては異論 を唱え る人が多いかも知れませんが、ここはあくまで私の評価という事で勘弁して頂きたいと思う。なんせ、家族持ちとしてやはり2ドアは使いにくい訳で、どうして も大幅減点にならざるを得ないでしょう。(と、大幅減点を付けておかないと自分 で首を絞めてしまいますから(苦笑))
 
そして、回転半径が5.7mと大きい事が(ー5点)でしょう。決して大きな車では無いのですが、太いタイヤの為に蛇角が取れずに結局小 回りが出来なくなってしまった様です。
 しかし、それを除いてはこの手の車(高性能車)としてはとても扱い易く、車好きな独身者にとっては殆 ど満点なのでは無いでしょうか?
 但し、車両価格(250万円〜)と保険料が大きな障害になるかも知れませんが・・・
追伸
 営業マンが言っていたのですが、このインテグラ Type-R はかなり盗難が多いそうです。出て来たとしてもホイールやシート、シフトノブやステアリングホイール等が無くなった状態が多いとか。実際に乗られる時は防 犯対策を厳重に行なう必要が有りますね。

Last Update : 2004.09.20
当サイトに掲載されている文章・写真・図面等の無断転 載はご遠慮願います。
Copyright(c) 2001-2003 Ashiya Internet Club

≪ 本ページに対するご意見・ご希望は loose@aic.gr.jp まで ≫
amazonならきっと欲しいものが見つかります。今なら1500円以上のお買い物で送料無料!!

Counter

[TOP] [アニメ] [自動車] [コンピュータ] [携帯電話] [ビデオ] [イベントレポート] [コラム] [芦屋市情報]
スペシャル:[
今月の一本] [ジブリの世界] [オデッセイ] [当サイトについて] [画像と文] [個人情報] [日記]