宮川(みやがわ)

宮川は打出川(うちでがわ)または都川(みやこがわ)ともいい、昔は呉川(くれかわ)とも言われていました。川の長さは約3キロでその源は剱谷(けんたに)あたりに発しており、岩場を流れて水道橋付近で朝日ヶ丘(あさひがおか)や東山の支流と一緒になり川幅が広くなります。宮川という名は昔下流に金比羅(こんぴら)神社があったので名付けられたとも考えられています。 宮川も芦屋川と同じく昔から多くの人々に影響を与えてきた川です。