人力車

昔の篭に代わって、乗り物としてよく利用されていたのが人力車です。日本人の世界的大発明と言われ、明治3年(1870年)に東京で営業が始められました。芦屋では大正2年(1914年)に住吉駅や西宮駅へ行くのに利用されたり、芦屋川の松林の道や川床に作られた道を対岸に向かって走ったりしていました。そのころ山手には温泉があって、遠方から来る人がよく利用したそうです。