阪急電車

大正9年(1920年)7月、神戸−大阪間を開通した阪急電車は十余りの停留所があり、そのうちの1つに芦屋川が設置された。阪急が開通して大阪−神戸を結ぶ交通機関は国鉄(JR)、阪神電車と三つの路線が芦屋を通過するようになり、住宅文化が進むとともに精道村の発展の源となった。 初めて阪急電車が通った時の新聞には「線路が一直線で、六甲山の麓を山の中のもやを突ききって遠くの沖の小舟を眺めながら走る」と伝えていました。