芦屋廃寺(あしやはいじ)

阪急芦屋川駅から西へ300メートルほど行くと、「芦屋廃寺跡」と刻まれた碑(いしぶみ)がマンションの前に立っています。昔の記録には「塩通山法恩寺(えんつうざんほうおんじ)」という寺名が出ていますが、このあたりに奈良時代の有名な坊さnで行基(ぎょうき)という人が寺を開き、その後平安時代の歌人で芦屋とも関係の深い在原業平(ありわらのなりひら)という人が建てたと伝えられるお寺があったそうです。しかし、発掘調査ではお寺に関係あるものとして、寺の柱の下に置く石の一部や古い瓦が見つかっただけで、それ以外のお寺の建物の跡が見つからないので「まぼろしの芦屋廃寺」と呼ばれています。