AIC Station

[TOP] [アニメ] [自動車] [コンピュータ] [携帯電話] [ビデオ] [イベントレポート] [コラム] [芦屋市情報]
スペシャル:[
今月の一本] [ジブリの世界] [オデッセイ] [当サイトについて] [画像と文] [個人情報] [日記]

アニメーションTOP

TVプログラム
カードキャプターさくら
あやつり左近作品
赤ずきんチャチャ
D4プリンセス
聖ルミナス女学院

OVA関連
KIRARA

スタジオジブリ関連
作品情報

ガイナックス関連
エヴァンゲリオン

Disney関連
映画'TOY STORY'

■PR

お暇でしたら是非お立ち寄り下さい。

お薦めの商品を紹介しています。

オンライン査定実施中!あなたのクルマは今、幾ら?(株式会社ガリバーインターナショナル)

保険スクエアbang!/自動車保険15社[無料]一括見積もり依頼

保険スクエアbang!/生命保険13社[無料]パンフレット一括請求

今や新車もネットで無料新車見積りの時代。しかも競合車種まで同時見積りOK!!

KIRARA「出直し」完成披露試写会 in 大阪

入り口にて

 夏の完成披露試写会で約束していた完成披露試写会に今日行って来ました。場所は、大阪の厚生年金会館中ホール。で、開場時間の14時に入り口に行くと入り口に『今回は未完成の状態での上映になります』という旨のパネルが。で、係員が未完成でも良ければ御覧下さいとの事。まぁ、ここまで来て帰るのもつまらないので、どこまで出来ているか判らないけど見て帰ろうという事で中に入った。

開演前の挨拶

 上映時間になるとまず東宝の制作責任者(だと思う。間違っていたら御指摘下さい)と葺プロダクション代表が以下の様な挨拶した。

 東宝側「試写会を始める前に、みなさんにお詫びをしなければなりません。夏のイベントの時に本来ならお見せする筈で、もう一回やり直しの試写会をやります。と御挨拶をしたにも関わらず今日の試写会にフィルムが間に合いませんでした。発売も11月21日を予定しておりましたけども、申し訳無い事にこれも延期せざるを得ない事態になりました。本当に申し訳ないと思っております。どうぞ御了承下さい。今日お見せできるフィルムなんですけども、作画監督の手も実は大部分入っておりません。音の方はダビングを合わせておりまして、殆ど完成品と言いますか、流れとしては完成に近いんですが絵の方は40分位の尺のうち色が付いているのが半分位と、で逆に通常アフレコですと線撮りとか言うんですが、そういう部分は今ちょっと見苦しいので黒見で繋いでおりますので、かなり見苦しい画面になるかと思いますが、どうぞ御了承のうえお楽しみ下さい。

 葺プロ側「この作品は、原作者がすごく作品にこだわりまして、村山君の監督とか作画監督の高橋君なんかがワンカットワンカット見ている状態なんですごく時間が掛かっています。大変申し訳ないと思いますけど、もう暫くの間完成品は待たして下さいとお詫びかたがた御挨拶のつもりで東京から参りましたけども、この汚名を挽回する為にスタッフ一同一緒懸命楽しい作品を作りますので是非それまでお待ち下さいますようよろしくお願い致します。」

 東宝側「それから今日、みなさんに楽しみにしてお越し頂いて本当に申し訳ないという気持ちを込めましてお帰りの際に特製のテレホンカードをお土産に御用意致しましたので(会場から拍手あり)どうぞお帰りの際に1枚づつお持ち帰り下さい。それでは見苦しいかもしれませんけどどうぞKIRARAを見てやって下さい。どうもありがとうございました。」という挨拶で終わった。ちなみに、帰りに貰ったテレホンカードはこんなのでした。

 それから、今日の観衆はざっと150名〜200名程でした。もっといっぱい来るのかと思っていたけど、以外と少なかったですね。層はだいたい大学生(男)が殆どでした。後、数名の制服姿の女子高生が目立った程度でしょうか?

上映

 挨拶の通り、確かに半分位は画面真っ黒状態。しかも、動画もきちんと出来ておらず、カット自体も中途半端な状態でした。ですから、楽しんで下さいと言われても実際には耳で楽しむ位でしかありませんでした。声を聞くと、高校生のきらら役の大沢千秋の声がやっぱりちょっと浮くなぁ...と思いましたけど、まぁこれも慣れればOKでしょう。

 肝心の絵の方はまだ中途半端なのでまだ何とも言えないのかも知れませんが、あえていうなら原作の味を出し切っていないというかアニメでは限界があるんだろうなぁ、あの絵は。特に原作では特徴のあるあの髪の毛と目が全然表現出来ていなかったのは若干失望してしまいました。しかし、アニメであの絵を描いたらそれこそあと1年以上は待たないとダメでしょうね。それでも描いてほしい気もしますけど...

 ストーリーの方は、高校生のこんぺーのもとへきららが幽霊になって出現してからのお話です。最後には、高校生きららがオカルト研究部の先生を連れて来て除霊儀式は始め、幽霊のきららはその罠に...と、これ以上かいちゃうと面白くないのであとは本編を見てからのお楽しみ...ってね。でも、なんかこれ、話が続きそうなんですけど...どうなっちゃうの?もしかして、Vol.2とか続くのかな?

 エンディングで突然千秋と健太郎の二人のトークは流れた。トークの中では線画と言っていたけど、本当に黒くしなくて線画ででも流して欲しかったと思う。線画といえばディズニーの美女と野獣という作品のワーク・イン・プログレスという未完成バージョン(美女と野獣スペシャルコレクションパイオニアLDC PILA-1232 税抜き12,000円に収録)を見ましたけど、線画ながら非常に美しく気が付けば作品にのめり込んでいた程です。今回もなぜ線画にしなかったのか理由は定かではありませんんが、無理な編集なんかではなく全編線画だけでも良いので一応の絵を見せてもらいたかったですねぇ。

告知パンフレット

 一応、入場の時に貰った告知パンフレットを載せておきます。正式発売は'99年春以降だそうです。完成したら試写会はまたやってくれるのかな?

トップに戻る
Copyright(c) 1998 loose All rights reserved.

1998.10.24:初アップ

本ホームページに使用した画像は、 パンフレット及びテレホンカード
を loose が無断でスキャンしたものです。
従いまして、本ページのブラウズ以外でのご使用はご遠慮願います。
警告:本ページからリンクされている先のページにおける問題に関して当方は一切責任を持てませんので御了承下さい。

お薦めの商品を紹介しています
Counter

[TOP] [アニメ] [自動車] [コンピュータ] [携帯電話] [ビデオ] [イベントレポート] [コラム] [芦屋市情報]
スペシャル:[
今月の一本] [ジブリの世界] [オデッセイ] [当サイトについて] [画像と文] [個人情報] [日記]