AIC Station

[TOP] [アニメ] [自動車] [コンピュータ] [携帯電話] [ビデオ] [イベントレポート] [コラム] [芦屋市情報]
スペシャル:[
今月の一本] [ジブリの世界] [オデッセイ] [当サイトについて] [画像と文] [個人情報] [日記]

アニメーションTOP

TOP
出会い
第1巻を見て
EVAの不思議
EVAのこだわり
EVAのCAST
EVAの不思議 part2
Newtype vs Animage
サルのぬいぐるみ
使徒の秘密
最後の渚?
DVD Vol.1
参考文献 part1
参考文献 part2
参考文献 part3
TVシリーズセレクション
  in大阪
シト新生、公開初日...
シト新生、レポート
 (防護壁有り)
シト新生、レポート
 (その2)
THE END OF EVANGELIONレポート


■PR

お暇でしたら是非お立ち寄り下さい。

お薦めの商品を紹介しています。

オンライン査定実施中!あなたのクルマは今、幾ら?(株式会社ガリバーインターナショナル)

保険スクエアbang!/自動車保険15社[無料]一括見積もり依頼

保険スクエアbang!/生命保険13社[無料]パンフレット一括請求

今や新車もネットで無料新車見積りの時代。しかも競合車種まで同時見積りOK!!

劇場版公開記念
TVシリーズセレクション
in大阪('97.2.1)

赤木リツコ
(c)GAINAX/Project EVA,TXV,NAS


 2月1日、大阪の中ノ島公会堂で行われた『TVセレクション』に行ってきました。
実は日高は中ノ島公会堂という所には初めて足を踏み入れたのですが、非常に古い立派な建物ですねぇ。 一階とその回りを囲む様に2階席がありました。今回は1階だけでしたが、多分演劇や古典芸能等の場合は2階も使うのでしょう。
1階の座席数は約1100席あり、私はてっきり超満員になると思っていましたが、実際に上映が始まってみると思いのほか空いており、だいたい1/3から1/4位しか埋っていなかった様に感じました。

 実は私は実際に行くまで「なんかオタクっぽい連中ばっかりなんだろうな」と思っていました。 ところが、行ってみると中高生やOLっぽい人も居て女性も意外と多いのに驚きました。
全体の3割程が女性だったでしょうか。それも私の様に一人で来られる方も居られて...
 偏見だって?ごめんなさい。このたぐいって『レイちゃん命』とか言ってる小太りでショルダーバック をかかえたオタクっぽい人が多いと思っていたので...けど、36にもなってこんなイベントに足を運ぶ私って...(^^)

でも、実際にそういった人達も1割程はいたようでしたが...(^^;

スケジュールは次の通りでした。

第1部

14:00
〜15:45

第壱話

使徒、襲来
ANGEL ATTACK

第弐話

見知らぬ、天井
THE BEAST

第伍話

レイ、心のむこうに
Rei I

第六話

決戦、第3新東京市
Rei II

第八話

アスカ、来日
ASUKA STRIKES!

第2部

16:00
〜17:45

第九話

瞬間、心、かさねて
Both of You, Dance Like You Want to Win!

第拾参話

使徒、侵入
LILLIPUTIAN

第拾伍話

嘘と沈黙
Those woman Longed for the touche of other's lips, and thus invited their kiss.

第拾六話

死に至る病、そして
Spliting of the Breast

第拾八話

命の選択を
AMBIVALENCE

第3部

18:00
〜19:45

第拾九話

男の戦い
INTROJECTION

第弐拾弐話

せめて、人間らしく
Don't Be.

第弐拾参話


Rei III

第弐拾四話

最後のシ者
The Beginning and the End, or "Knockin'on Heaven'Door"

劇場版予告編

で、感想ですが、わざわざ足を運んだけど良かったでした。
その理由として、

  1. 画面が大きい
    今回の一番の目的がこれ。エヴァンゲリオンを大画面で見たかったので、楽しみにしてました。
    私の席は『え列3番』でしたので、前から4番目という近距離だったので、 非常に画面が大きくとても迫力がありました。視野角は垂直方向に30°位だったでしょうか?
    家庭用のテレビでいうとちょうど28インチのテレビに80〜1m位の所に座った様な感じだったと思います。
    但し左から3番目だったのでかなり左から見ることになってしまったので、 ずっと右を向いて見ていた為首が疲れてしまった。 それも計5時間半近くもこの体勢だったので、おしりは痛いし首は痛いし...そういう意味では大変でした。

     

  2. 画面が奇麗
    テレビ版をそのまま放映ということでしたからどうせ
    走査線が見えるような粗い画像だろうと思っていました。ところが、実際に見てみると走査線が見えずに非常に滑らかな映像だったのです。一部、フォーカス(つまりピントね)が若干甘くぼけた様な映像の所もありましたが、 奇麗な所ではテレビでは読みきれない様な細かい文字もはっきりみることが出来ました。(たとえば、第弐話のラストシーンに出てくる引っ越しの箱。0123にも見えるし、0128にも見える。ところが、今回のフイルムではどうみても[8]にしか見えないのでした。)

     

  3. まだLDになっていない第弐拾弐話以降も見ることが出来た
    実は、私はリアルタイムでエヴァンゲリオンを見ていなかったので、現在発行されているLDでしか映像は知りませんでした。もちろん、フイルムブックではラストまで知っていましたが、動きが有り「間」を表現した映像というのは初めてになります。特にE
    PISODE:22のレイとアスカがエレベータに乗り合わせたシーンなんて、全然絵は動かないし会話もないシーンなんですけどすごく張り詰めた緊張感が感じられました。 特に、アスカのいらいらする感じがとっても。
    また、E
    PISODE:24のラスト付近のシーンでもシンジがカヲルを握ってから決断を下すまでの心の葛藤みたいな所がすごく伝わってきました。

     

  4. ポスターが買えた
    実は私はアニメ店にあまり行った事がないので、あまりポスターを買う事がありません。 家にあるのは全てLDを買った時にもらった様なものばかりなんです。 ですから、レイのクリアポスター(1,500円)を見た時、感激しました。 で、思わず買ってしまったのですが、これってもしかしてものすごく高かったのでしょうか?
    ちなみに、絵柄は「キャラクター・ピクチャー・ブック」の−2015年の女神たち−の表紙になっているものと同じです。

しかし、残念なこともありました。

  1. 音が貧弱
    まぁ、最新の音響設備が整った映画館ではないしテレビ放映向けのフイルムなので文句は言えないが、 それにしても第1部の音質は悪かった。なんか安もののミニコンポを目一杯のボリュームで流している様な感じだった。(といってもミニコンポのボリュームを目一杯上げて聞いた事は無いが...)
    音域のレンジは狭くしかも歪っぽい感じでとても聞き苦しかった。けど、第2部以降はましになり、第3部では体に響く低音を発していたことからどうも音響設備に不備があったのでは?と思われる。もしくは、最初の方はもともと音が悪かったりして...

     

  2. グッズが少ない
    ポスターを買っておきながらこんなこというのも何ですが、他のグッズが少ない様な気がした。
    入り口で売っていたのは、LD,CD,Video、そして、書籍,カード(今流行のカードダスのやつね),タペストリー、ポスター、サキエルクッション(どこがサキエルなのか?だったが)位だった。ポスターも3枚と等身大のレイのが一枚。もっといろんなポスターやセル画なんかも売っていたらもっと買っていたかも...
    でも、綾波レイのセル画なんて1万でも買えないんだろうなぁ...(^^;

     

  3. プレスシート
    今回のもう一つの目的がこのプレスシートだった。ところが、入り口で受け取って「えっ?」と思ってしまった。それは、私が想像していたものと全然違っていたからだ。私はてっきり映画のパンフレットの様なもので、数枚のパンフレットで『シト新生』の説明があるものと思っていた。ところが、受け取ったのは2つ折りされた1枚のパンフレットで今までの概略とキャラクター紹介とガイナックスとそのスタッフの紹介だけだったのだ。プレスシートってこんなものなのかも知れないが、なんかちょっと残念だな。


    [豆知識]


    走査線:

    日本のテレビはNTSCという規格にそった映像信号を使用しており、 全走査線数は画面の見える範囲では大体480本あります。 つまり、1画面を横に480本の線で構成しているわけです。 テレビなどを近くで見ると横に線が見えるのはこの為です。 (縦にストライプが見えるのは別ですよ。)
    実際には、この480本の線を上から順番に走査(つまり光らせている)わけではなく、 一本おきに表示しています(これをインターレース走査と言います)ので、 まず1/60秒の時間で奇数のライン(これを奇数フィールドと言います)を走査し、 次の1/60秒で偶数フィールドを表示し、計1/30秒で一枚の画像(これをフレームと言います)が形成されます。


Last update : 1997.07.27
First upload : 1997.02.02

本ホームページに使用した「新世紀エヴァンゲリオン」の画像は
(株)ガイナックス より掲載許諾を受けたもので配布や再掲載は禁止されています。

お薦めの商品を紹介しています
Counter

[TOP] [アニメ] [自動車] [コンピュータ] [携帯電話] [ビデオ] [イベントレポート] [コラム] [芦屋市情報]
スペシャル:[
今月の一本] [ジブリの世界] [オデッセイ] [当サイトについて] [画像と文] [個人情報] [日記]